Shade online フォーラム
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

オリジナルロボ
説明: Rhinocerosのモデリングデータを、DXF形式でShade 6にインポートしてレンダリングしたものです。
色補正と被写界深度はPhotoshop処理してます。
投稿者: E-Ken - E-Ken さんの画像をもっと!
前回更新: 2004-04-10 20:46  ヒット数: 9666  コメント数: 1  
Shadeバージョン: ----  レンダリング手法: ----  
評価:  

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
E-Ken
投稿日時: 2004-04-11 22:05  更新日時: 2004-04-11 22:05
登録日: 2004-04-10
居住地: 静岡県
投稿数: 1
 作者です
初投稿でRhinoモデリングってのは如何なものか…とも思ったのですが(笑)。
Rhinoはモデリングツールとしては優れていますが、レンダツールは別売りで高価、アニメーションツールに至ってはまだ開発中という状況です。
レンダリング、アニメーション(静止画でのポージング)の用途だけにShadeを使用しても、Rhino+Shadeというカップリングは、コストパフォーマンスの高いソリューションであると思います。
強いて言えば、ShadeインポートにDXFしか使えないのが難点でしょうか。
ShadeにIGESデータをそのまま渡せれば、CAD系3Dソフトとの連携で本命ツールに化ける可能性は大きいと思います。


powerd by myAlbum-P 2.9   (original)