Shade online フォーラム
ログイン
ユーザ名:

パスワード:

IDとパスワードを記憶

パスワード紛失

長槍の蛍高ヒット
説明: 久々の投稿ですが、またまたAFV物で旧イギリス陸軍のシャーマンVC・ファイアフライ(=蛍)です。
蛍の幼虫は非常に残酷で獰猛な生き物らしく、そのイメージから命名されたのでしょうが、日本人には無い発想です。
さて、今回初めて人物(といっても胸像)を制作したのですが、ハードルが高すぎました...
投稿者: pike - pike さんの画像をもっと!
前回更新: 2008-03-11 08:36  ヒット数: 11910  コメント数: 8  
Shadeバージョン: Shade 9  レンダリング手法: パストレーシング  
評価:  

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
pike
投稿日時: 2008-03-17 12:17  更新日時: 2008-03-17 12:17
登録日: 2007-09-12
居住地:
投稿数: 80
 Re: 長槍の蛍
今週の一枚に選ばれてとても光栄に存じます。
作品をご覧になられた方々、また投票して頂いた方々、管理人様、誠に有難うございました。
画像投稿機
投稿日時: 2008-03-17 08:04  更新日時: 2008-03-17 08:04
管理人
登録日: 2006-02-22
居住地:
投稿数: 448
 今週の一枚 No.167 「 長槍の蛍 」 pike
pike さんの「長槍の蛍」が 56 点
euvdnim さんの「500系 新幹線 先頭車両」が 55 点
hana さんの「椅子」が 53 点

この結果、pike さんの「長槍の蛍」が今週の一枚となりました。
おめでとうございます。

得点は総評価点=投票された評価点の合計となっています。
pike
投稿日時: 2008-03-13 12:56  更新日時: 2008-03-13 12:56
登録日: 2007-09-12
居住地:
投稿数: 80
 Re: 長槍の蛍
senamiさん、コメントありがとうございます。
そうですね〜、日々Shade楽しんでます。
でも、ほとんど使いこなせていないので、その楽しさは実は半分にも達していないかもしれません。
ゲスト
投稿日時: 2008-03-12 20:01  更新日時: 2008-03-12 20:01
 pikeさまへ
戦車の事はよくわかりませんが
楽しまれてる感じが伝わってきました。

それでは、失礼しました。
pike
投稿日時: 2008-03-11 22:57  更新日時: 2008-03-11 22:57
登録日: 2007-09-12
居住地:
投稿数: 80
 Re: 長槍の蛍
Koenigさん、コメントありがとうございます。

擬装網は数層の自由曲面を装甲に沿って配置し、網のシームレス画像を作成し、拡散反射とトリムに設定しているだけです。
モデリングの不具合を隠蔽する効果を狙ったものです(笑)

私はWindows版ユーザーですが、数年前モデリングに力入れすぎて、ディスクスワップしまくりで1時間経ってもレンダリングが開始されなかったことがあり、その時の教訓から、オリジナル(全体をモデリングしたもの)から不要部分を削除したレンダリング専用の.shdファイルを作成して仕上げるようにしています。
接地部の履帯パターンや視界に入らないOVMなどですね。
Koenig
投稿日時: 2008-03-11 21:32  更新日時: 2008-03-11 21:32
登録日: 2005-08-23
居住地:
投稿数: 7
 Re: 長槍の蛍
蛍カッコ良いですね〜。
偽装と偽装網が良い感じです。

ウチのマシンは履帯が複雑になるだけで
悲鳴をあげるので、その辺に凝れないんですよね。
せめて今度は背景でも付けたいもんです。
pike
投稿日時: 2008-03-11 15:07  更新日時: 2008-03-11 15:07
登録日: 2007-09-12
居住地:
投稿数: 80
 Re: 長槍の蛍
TOLLさん、こんにちは!
今回「ファイアフライ」を選択したのは、シャーマン系のバリエーションを考慮してのことです(といっても作るかどうかわ分かりませんが...)
鋳造部などの表現はサイズ違いの雲・バンプを重ね掛けしているだけで、特殊なテクスチャーを作成しているわけではありません。
マフラーの錆び表現などにも応用できると思います。
TOLL
投稿日時: 2008-03-11 10:21  更新日時: 2008-03-11 10:21
登録日: 2007-12-20
居住地:
投稿数: 62
 Re: 長槍の蛍
pikeさん、こんにちわ。

英軍のファイアフライですか。
中々渋めの車輌をもって来ましたね〜。

鋳造と溶接のテクスチュアがさすがだと思います。
私は形状を作った時点で息が切れてしまい
とてもこの域までは行けないです。


powerd by myAlbum-P 2.9   (original)